タヒチ (仏領ポリネシア) のインターネット事情

タヒチまできてあんまりネットを気にする人もいないかしれないけど、一応色々と調べた。

まず簡単にまとめると・・・

  • モバイルネット (Vini, Vodafone) → 割高感あるけどかなり使える
  • 有料Wifi Hotspot (ViniSpot) → 割高感あるけどまぁまぁ使える
  • ホテルネット → 大体の所で厳しそう
  • ローミング系 → べらぼうに高い
  • 島による差とかはあまりなさそう。(少なくともタヒチ島、ボラボラ島、モーレア島の三つは大丈夫)

モバイルネット

タヒチではViniとVodafoneの2つのキャリアをよく見る (というかこれしかないかも) 。 結論的にはどっちもまぁまぁだけど、Viniが無難な感じかも・・・?

Vini

Vini SIM
ViniのSIM

タヒチではこちらの方がメジャーらしい (Prepaid Data SIM Card Wikiより)。 島のいたるところの看板とか、TV CMとかでもよく見かける。

買い方

タヒチの空港では時間がなくて買えず (というか店があるのか不明)、街中のショップで買うことに。

僕が使った店の場所 → 店の場所のGoogleMap

ちなみに日曜日は休みです。日曜はケータイショップに限らずほとんどの店がやってません。(土曜到着だったのでこれは結構困った)

SIMは郵便局とかでも買えるらしいですが、今回は行きませんでした。 一応スーパーマーケットも見てみたけど、リチャージカードしかないっぽい。

設定は店員の人が全部やってくれましたが、APNに'internet'と設定するだけっぽいです。

費用・リチャージ

データのみのカードをお願いしたところ、 SIMカード自体が2050XPF (2300円ぐらい) で500MBのデータ付きでした。 1GBぐらいのデータが欲しかったので、追加で2000XPF (2200円ぐらい) のリチャージカードも買いました。

費用感的には他の国と比べてちょっと高めですね。

リチャージは7010番に対してSMSでスクラッチコードを入れるだけっぽいです。

あとどうやらEspace Client (https://clients.vini.pf/portal) というページからオンラインでクレカからリチャージもできるようです。 フランス語しかないっぽいのでGoogle翻訳を活用してやてみたところ、 無事にチャージできました。

ちなみにフランス語圏の話なのかタヒチ限定の話なのかはわかりませんが、 ここのパンフレットとかはなぜかMo (メガオクテット) という単位を使っています。 MB(メガバイト)と実質意味は一緒ですが。。。

通信速度

測ったところでは全てDownは6Mbps以上、Upも大体2Mbps近くだったので、ほとんど問題なく使えそうです。

場所等 Down(Mbps) Up(Mbps) Ping(ms)
パペーテ 17.9 1.81 250
ボラボラ夜 11.4 2.55 248
ボラボラ昼 6.91 1.70 249
モーレア 10.3 2.37 245
モーレア港 9.83 2.11 254

(計測条件詳細は記事末尾に記載)

Vodafone

Vini SIM
VodafoneのSIM

日本に一瞬参入した、イギリスのVodafone。Viniとコーポレートカラーがかぶっているので若干ややこしい。

買い方

Viniと同様に、街中にいくらかVodafoneのショップを見かけました。 今回はパペーテマーケットそばのVodafone店舗 (GoogleMap) で買うことに。

費用

1GB使えるデータ用SIMカードが3450XPF (3800円ぐらい) でした。 Viniよりやや安いようです。

こちらも設定は店員の人が全部やってくれました。 APNに'Internet' (※はじめ大文字らしいけど、本当かなぁ・・・) と設定するだけっぽいです。

通信速度

Downは遅くても数Mbps出ているようで問題なさそうです。 ただUpはちょっと遅い時がありました。夜だったからか、たまたまか。

場所等 Down(Mbps) Up(Mbps) Ping(ms)
パペーテ 4.18 2.18 255
ボラボラ夜 2.74 0.07 267
ボラボラ昼 3.20 1.08 267
モーレア 6.27 2.17 256
モーレア港 6.53 1.00 254

(計測条件詳細は記事末尾に記載)

全体的にはViniより数値は見劣りしますが、まぁいずれにせよ大きな問題はなさそうです。 Vodafoneの方がカバーエリアが少ないという話でしたが、 今回は島の隅々まで行ってないのでカバーエリアの差まではわからず。

有料Hotspot (ViniSPOT)

携帯電話とは別に、ViniSPOTという時間課金制のWifiサービスが街のあちこちで使えます。 僕が使った時は、ホテルのネットよりはだいぶ快適に使えました。

使い方・料金

5時間のViniSPOTカード

スーパーマーケットとかViniの店で売っているViniSpotのカードを購入すればOK。あとはそれっぽいWifiに繋いで、カードに書かれている IDとパスワードを入力するだけ。

ViniSpotの購入ページからクレジットカードで購入することもできるようだけど、 僕が試した時はどうもHTTP522エラー (サーバー側がなんか壊れてた・・・?) で使用できずでした。残念。

値段は1時間480CFP (≒522円)、5時間1980CFP (≒2155円)、10時間で3300CFP (≒3591円)といった感じ。これもちょっと割高感は感じる。 ただ5分間以上使ってない場合はカウントストップするようなので、ちょいちょい切断して使っていれば案外長い時間使える。 (この手のサービスでは当たり前だけど)

通信速度

宿泊したホテルにあったViniSPOTを使ってましたが、僕が計測した時はダウン5.18MBps、アップ0.16Mbpsでした。

モバイルネットより速度面では劣りますが、特に容量制限がない (多分) ので写真バックアップしたいとか、 大きいファイルをダウンロードする時とか、YouTubeが見たくて見たくてどうしようもない時は活躍しそう。

一回しか測ってないけど、Ooklaの結果はっときます。

その他

ホテルのネットは・・・

大体のところで遅いようです。特に夜とか。時間帯によってはほぼ使えない時間とかも多々ありました。

ボラボラ島、モーレア島、タヒチ島でいくつか (Airbnb的なアパートメントとか、安ホテルとか、水上コテージとか含む) 泊まって試しましたが、 僕が泊まったホテルでは全部ダメでした。

ローミング系は・・・

Taktもdocomoもなんかパッケージ料金とかなくて、とても高いです。

例えばTaktだと料金表によると 仏領ポリネシアは1MBあたり2,457円。非現実的プライス。 大体の会社で仏領ポリネシアはフランスと別扱いのようです。 ここでローミングするのはあまり賢明ではなさそう。

(僕も使う予定では無かったんですが、三井住友のクレジットカードのトラブルで結局1500円分ぐらい通話するハメに。 無駄に数百円かけて待機音楽聞かされる時の気持ちはなかなか。まじこれ何とかしろって感じ)

(補足) 本記事の計測条件の詳細

ダーツ旅@とりあえずのタヒチ島パペーテ

ダーツの旅で今年は仏領ポリネシア諸島付近に当たったので、とりあえずタヒチ島まで来ました。

しかし、ずっと天気悪し。。。

あと到着した時が日曜で、店も片っ端から空いておらず、何もすることがないという。

あと2週間ほどいるんですが、はたして晴れる日は来るんでしょうか。。。

ウルル (エアーズロック) ・シドニー

4月あたりで回ったシドニーとかウルルとか。

ウルル (エアーズロック)

ウルルはレンタカーで周りました。だいぶ汚い車でしたけど、 まぁこの砂だらけの場所では仕方がない。

レンタカーを使う場合でも最寄りの街 (といっても数百キロとかある) のアリススプリングスで借りたり、 ウルルすぐそばのエアーズロック空港で借りたり、片方ずつで乗りしてしたりと、 いくらか手段がある。

アリススプリングで借りて砂漠ドライブも結構魅力的ではあったけど、 便の都合とかで結局一番楽なエアーズロック空港借りにした。

今回は近くのユララで一泊しました。高かった。仕方ない。 結構レンタルのキャンピングカーとかできている人も多いようで、 それも正解だったのかもしれない。

一応登山道っぽいものがあり、時期を選べば登れるようではある。 行った時はチェーンが切れてるとかで登ることはできなかった。 (と、いっても頑張って自力で登ってるひとがちらほらいたけど)

展望台はWifi完備。(比較的どうでもいい)

砂漠だけど結構いろんな生き物がいます。オーストラリアっぽい

あとカタジュタというもうひとつの岩もあります。 なんか写真はとって欲しくないらしいので遠景のみにしておきます。

お時間と足がある方は実物をどうぞ。

シドニー

ウルルとかニュージーランドにいく乗り継ぎのために 結局シドニー行くことになるので、ついでに適当に観光。

主に見たのはこのオペラハウスと、動物園、 あと軽く街中バードウォッチング的な感じ。

シドニーのタロンガ動物園

シドニー中心部からフェリーでわかってすぐ行ける動物園。

この動物園は日本にいないカモノハシなど色々いたけど、まぁ日本の動物園でも みられるよなというものが多い。

唯一ここで、というのは柵なしで見られる系のやつとかかな。 せっかくだしカンガルーとか現地で見たかったので期待してたが、超やる気なかった。

これ以外にカンガルー見る機会なかった。 ドライブ中とかで野良に遭遇したかったが残念。

街中でトキ探し

あし日本ではなかなか見られないトキが居るっていうので 「よし、探し回ってやる」とか思ってたんだけど ほんとそこら中にいて探すまでもない。なんかむしろ害鳥扱いらしい。

こうして見ると害鳥っぽくも見える。

まぁあとは日本にもいるような感じのカモメとかですかね。

ケアンズほど色々はいなかった。

マップ

ケアンズの鳥

ゴールデンウィーク前後含めてオーストラリア(ケアンズ・シドニー・エアーズロック)と ニュージーランド(ウェリントン・ロトルア・オークランド)を回ってきた。

ケアンズはこの時期(秋)でも比較的暖かめで、プールで泳いでいる人もかなりいるぐらい。

ケアンズでは主にエスプラネードとかキュランダとかで鳥を見てました。結構いろんな鳥がいた。

こんな感じで、適当にふらふらしているだけでも色々撮れる。

マップ

いろいろ巨大な海のディ○ニーランド・珠海长隆海洋王国 (2016年4月)

世界最大の水族館があるというので、澳門に行った時についでに 隣の横琴島にある「珠海長隆海洋王国」に行った。

入り口からしてかなりでかいアーケードで、天井部には巨大ディスプレイが あったりといきなり規模感がすごい。

しかしちょっと某ネズミの国の雰囲気は感じなくもない。

場内はいくつかのゾーンに分かれていて、 セイウチがいるエリア、鳥が多くいるエリア、クジラ・サメエリアなど 色々とある。

こちらはセイウチの山。セイウチがいっぱいいる。

そしてなんと、山の間を駆け抜けるジェットコースターまでもある。

どうもセイウチよりもジェットコースターの方が人気があるようである・・・。

こちらは鳥ゾーン。どうもやたらと鳥の頭数が多い気がする。 餌がやれることもあって、こちらは結構人気。

あと陸地ゾーンではリクガメとかもいる。

結構遊び場も充実してて子供が飽きなさそうな感じ。

というか、どちらかというと動物・魚達の展示よりも ジェットコースターとか遊び場がメインなんじゃないかという気さえする。

時間帯によってはショーやパレードみたいなことをやっていたりする。

このパレードの感じ、キャラクターの感じは やはりどうも某ネズミの国を彷彿とさせる。

そしてやはりこれは外せないという感じの鯨・サメ館。

もう入り口からして見た目がすごい。

どうも世界一というのはいくらか項目があって、5つのギネス記録があるらしい。 詳細はよくわからんが、とりあえず水槽のデカさが世界一ということは知っていた。

これが世界最大の水槽。もうとにかくでかいんだが、 それよりもこの人混みがすごくて参ってしまった。 もうすこし空いているといいんだが、イケイケな中国でそれを求めるのは無理かな。

ちなみに近くにカフェもあって、一応この空間で休める。観光地価格のコーヒーだけどね。

近くにはいい感じのホテルもある。確かに結構いろいろと見るものあるので泊まりで くるというのもありかもしれないが、今回は宿泊せず。

ということで、確かに水族館ではあるが、ちょっと遊園地というか某ネズミの国のテイストが濃い感じ。 なので「世界一の水族館っていうぐらいだから、すげーたくさん魚がいていろんな珍しい魚とか いっぱいいるんじゃね?」みたいなマジ水族館を期待すると、ちょっと違うな、という感じにはなる。 世界一の水槽も確かにでかいが、魚の鑑賞を期待するには美ら海水族館とかのがいいかもしれない。

どちらかというと遊園地に結構すごい水族館 (というか動物園?) が併設してある、 みたいな感じのが近い。 そういう捉え方をするならば、結構出来がいいテーマパークだと思う。 やや某ネズミの国のテイストがあるが、パクリというほどでもないし。 あとスタッフもみんなかなり親切。 英語も日本語も通じないけど問題ない。

あとはとにかく人が多くて疲れる。まぁ仕方ないか。

ということで、澳門や広州のついでにどうぞ。珠海長隆海洋王国。

おまけ

ありがたいことに日本語がサポートされたロッカーが設置されていた。

どうも日本語がちょっとおかしいのは良いとして、 その上に不気味な抑揚を持つ機械音声がマッチして、非常に良い味を出している。 すごい耳に残る。

マップ

サイト整理中・・・

sunagaeの作ったものとか、旅の写真などをとりあえず公開しておくサイト (snge.me) 、を作っている。

大量に溜まってしまった写真を死蔵させておいても仕方がないし、 ちゃんとまとめて記事とかにすればなんかいいことがあるのかもしれないけど、 かといってなんか記事にしてちゃんとまとめるような時間もない。 そしてそれが面倒で後回しにしているうちに、結局何年も経過してしまった。

なのでとにかく、まずは、ただ公開することを優先でサイトを作った。

というか、それを作るためのCMSを作って、このサイトを構築した。 なんでCMSから作るんだという感じだが、まぁこれは僕の悪い癖。

ちなみにここ10年ぐらいで既に15個ぐらいの自作CMSをビルド・アンド・スクラップしている。 毎回新しい概念を考えては失敗している。本当に無駄だ。 なんでも一から、概念から作りたがる。僕の最悪な悪癖。もう重症。でも仕方がない。

さて、何かの役に立つといいんだが。。。

CBR250Rのサイドバッグ付け替え

当然だけど積載がほとんどないCBR250Rに、いままでデグナーのサイドバッグ (DEGNER NB-36 を付けてた。そろそろ酷使しすぎてボロボロになってきて、あと微妙に形が不便で四角い物がいいなぁと思っていたので、いいかげん買い換えることに。

いろいろとググって調べてみたけどあまりいいのが見つからないっていうか、CBR250Rと適合するっていう報告がそもそもほとんどない (それこそ上記のデグナー NB-36だけ) 。検索キーワードが悪いのかと思ってサイドボックスとかサイドパニアとか入れてみたけどパットせず。

結局、今回買ったのはライコランド東雲で見かけた GoldWin スタンダードサイドバッグ30 (GSM17402)

CBR250Rにサイドバッグ付けたところ

ちなみに元々 PLOT(プロト)のサドルバックサポート(PSD177) が付いてます。このバッグは外側に引っ張るちからが無さそうで、たぶんなにかしらの補助が無いと厳しそう。

真横から

マフラーにはギリギリ触らなそうな感じ。まぁでも排気はもろに当たりそう。大丈夫かなぁ。

上から取付部

X状のベルトは問題なくつけられました。なんかシートの隙間が無さそうで、シート下に通せるか微妙だなぁと思っていたけど、案外フツーにつけられました。

ちなみに中身はこんな感じ

ちょうどパソコンいれたカバンがそのまま入ったりして、とてもいい感じ。

ミャンマーの日本製?中古車たち

ミャンマーは輸入中古車だらけです。昔から日本の車は多かったようだけど、韓国や中国からきたようなバスも比較的多くあった。

適当に撮ったのでつらつらと。

この幼稚園バスはバガンのタビニュ寺院に行ったときに見かけました。寺院の前にとまってました。観光のシャトルバスかなにかですかね。これが迎えにきたらそれはそれで楽しい。

ちょっとどの会社か不明。

これもググってもヒントなし。

SFC時代によくお世話になりました。懐かしの神奈川中央交通。

色的にはライオンズっぽい色。

これ、なんか後から書いたんじゃ無いかという気がしてる。「自動車用室内芳香剤」なんて書くかなぁ?もちろん中国語じゃないだろうし (中国語で「自動車」は「汽车」) 。

ちょっと写真では撮れなかったんですが、「ヤンゴン市内バス」と書かれたバスもありました。ミャンマーで日本語をわざわざ。少なくとも意図的に日本語が書かれた車が存在しているようだ。

ラオス投資口座を開設した (作る方法とか)

自分はあまりお金を使う趣味がないし (海外旅行はもはや金のかかる趣味ではない) 、特に欲しいものがあるわけでもなく、仕事をしても意味もなく金がたまる一方で非常に無駄なので、いろいろと投資をしてみようと思っています。マイナス金利 がどうのこうのとか言ってる日本の預金口座に放っておいても腐るだけですし。そしてプロではないので、どうせなら好きなモノ・好きな所に投資をしようということで、とりあえずラオスの会社等に投資するための口座を作ってみました。

口座の作り方

多少の英語が分かれば、ごく簡単に作れます。

いろいろとググって見ると、いろいろとお金に関する本を出版されている橘玲さんの記事 とか、Neverまとめにある「日本人でも口座開設可能!配当金18%のラオス株まとめ」とか、その他色々なブログ記事に方法が書いてあります。だいたいそれ見れば分かりますが、ほとんどの方は「ランサン証券 (Lanexang Securities Public Company)」に口座を作って取引しているようです。他にもいくつか証券会社はあるようなんですが、特段そこで冒険したくないし、なんかネットでできるのはここだけっぽい話もあるので、自分もランサン証券で作りました。

ランサン証券は首都ビエンチャンのLao Securities Exchangeというビルの5Fにあります。場所は以下です。

僕はFriendship Bridgeからタクシーで行きましたが、なんかITECCと言った方が通じるようです。

ビルの中は相当閑散としています。まぁラオスのでかいビルは大体こんなものです。。。

5Fのランサン証券のおねーさんに口座開きたいデスと言えばいろいろと書類を出して丁寧に説明してくれます。英語ですが、英語超苦手な僕でも大丈夫なぐらい丁寧に説明してくれるので心配ご無用。ちなみにブブさんという日本語が分かる方が昔勤めていらっしゃったようですが、既に退職されたようで ( 増成忠治のアジア不動産 ラオス株 口座開設の旅 その2 より) 、少なくとも僕が行ったときにはいらっしゃいませんでした。

まずラオス開発銀行で口座つくれ、と言われるので、隣のカウンターのラオス開発銀行で口座作ります。いろいろと書類書きますが、内容はひたすら名前・日本住所・日本の電話番号(+81忘れずに)・パスポート情報と署名などです。あとパスポートのコピーとってもらったりもします。次に証券会社カウンターで外国人登録と証券口座のための手続きです。ひたすら書きます。

一通り終わり少し待つと開発銀行の通帳ができます。この通帳をランサン証券のおねーさんに渡すとコピーとったりして関連付け?的なことしてくれて、終わりです。意外にあっけない。外国人登録は数日後にできるという話でした。(実際は火曜日登録して、翌週月曜にメールで連絡とPDFで登録証が届きました)

まぁこんな具合にできます。ちなみに昔の情報で、一部サイトに日本の預金通帳とか運転免許書とか、ラオスの電話が必要だと書いてありましたが、僕の時は必要なかったです。口座番号すら聞かれませんでした。なので必要なのはパスポートと最初に入れとくお金 (最低110000キップ or 他国の通貨でもOKかも) です。このうち10000キップが手数料としてとられて、100000キップが最初に最低限必要な口座入金額です。

ちなみに worldstock.jpのFAQページ には「現地で口座開設の場合は、ランサン証券は口座開設手数料として199ドル徴求すると聞いています。」とありますが、これはおそらく現時点では間違いです。僕は10000キップ (1ドルほど) しか取られませんでした。ちなみに国際郵便でも手続き出きるらしいですが、こちらの方法とか手数料は分かりません。

ぶっちゃけ投資対象としてどうなの

一般論として、かなりオススメしません。

ラオスは総人口600万人程度の非常に小さな国で、しかも政治情勢や経済状況が安定したのもつい最近のようで、市場規模もかなり小さいです。上場している会社数は2015年現在で4つのみ で、出来高は 一日数百万円程度 のようです (ちなみに比べてもショーもなですが、東証だと一部だけでも 会社数2000弱、出来高は3兆円を越える)。ここまでくると売りたいときに売ったりと言うことが難しそうです。

そしてそもそも通貨であるラオス・キップが通貨として信用がなさすぎて両替がしづらい上に、最近も両替制限があったり して、キップを大量に持つだけでも既にかなりリスキーです。まぁ後発国や社会主義国にはありがちですが。

とはいえ、現地の空気感的にはミャンマーみたくバブってる感は無いし (中国資本が勢いありげな感じはありますが) 、かといって退廃的かというとそんなことは決してなくて明るく徐々に豊になっている感じもあり、人的にもまったりしているし、生活もしやすそうだし、未来は明るい場所だとは思います。その土地が経済的に発展するかどうかっていうのは、環境として人間が住みやすいかもかなり重要だと思うんですよね。結局は人なんですよ。

ということで、ラオスが好きで、ラオスにしょっちゅう行く(=キップを使う)人は考えてもいいのかもしれません。

ラオスにご興味ある皆様はぜひ投資先としてご検討ください。